オーラの意味

オーラには12種類あり、それぞれの色が持つ意味が異なります。
通常オーラは7層に分かれております。しかし大きな意味を持つ1層目、2層目のオーラの色がオーラ鑑定の上で重要となります。
1層目は人格を表すことが多く、2層目は1層目の色に影響することが多いため2層目の色は人からの影響、物などからの影響で変化することもあります。この2層目のオーラの色が未来を表すこともあり、近い将来に何か変化をもたらすときに出てくることもあります。

自分を知るオーラ鑑定

自分自身のオーラを知ることで自分自身を理解することができます。自分では思っていても他人からはこう見られている部分もあります。
ですから自分の思い込んだ色、自分の好きな色が必ずしもオーラ鑑定をすると一致するわけではありません。
そこがオーラ鑑定で分かることだと思います。
例えば、恋愛相手のオーラを知ることでその相手が今、何に夢中になっているのか、何に興味がるのかもわかるかもしれません。「かもしれません」と書いたのは決してヒアリングをしてオーラ鑑定をするわけではないので写真からオーラの色を鑑定するため大きなことはわかりますのでご自分で思い当たることができるのです。
今は仕事や勉強に打ち込みたい時期に恋愛の話を持ち掛けたとしても相手にとっては何も感じることができないかもしれません。
また、オーラ鑑定で多い依頼では仕事の取引先や関係を調べるのにオーラ鑑定をします。
その方たちがいわゆる汚い仕事、良くない仕事など騙されなかったとしてもふさわしくなければオーラの色は濁っています。
仕事上付き合うべきなのかどうかもオーラ鑑定で分かります。

オーラ鑑定はこちらからどうぞ

オーラ診断申し込みページ

12種類のオーラの色別特徴
赤色
長所 好奇心が旺盛 リーダシップ性がある
短所 感情の起伏が激しい 自己中心的
オレンジ
長所 楽観的 充実している
短所 深く物事を考えない 軽率
ピンク
長所 愛情表現に優れている 優しい
短所 騙されやすい 人をすぐに信用する
黄色
長所 明るい 好奇心旺盛 繊細
短所 自己主張が苦手
緑色
長所 癒し 穏やか
短所 利他主義
水色
長所 癒し 明晰 落ち着きがある
短所 他人に染まりやすい
青色
長所 冷静 分析力に優れている
短所 理想が高い
紫色
長所 洞察力に優れている 感受性が高い
短所 のめりこみやすい
白色
長所 純粋 マルチな才能
短所 人見知り 繊細
黒色
長所 なし
短所 病気 怪我 人をだましたりする
灰色
長所 なし
短所 不安定 あいまい
金色
長所 カリスマ性 強い精神力
短所 なし

こちらもどうぞ

12種類のオーラの色について

オーラ診断申し込みページ

人気のパワーストーン

  1. テラヘルツ鉱石 マッサージ棒 【特徴】 テラヘルツ鉱石…
  2. クラック水晶を7色集めてカラフルなパワーストーンかわいらしい…
  3. 女性らしさを高めてくれる神秘の天然石ムーンストーンと幸せな結…
  4. 災いから身を守り更なる飛躍をサポートする最強パワーストーン天…

ピックアップパワーストーン

  1. テラヘルツ鉱石 マッサージ棒 【特徴】 テラヘルツ鉱石…
  2. マンネリ化した恋人関係、夫婦関係を目覚めさせてくれるエネルギ…
  3. 恋愛で傷ついた心を癒して前向きな気持ちを教えてくれるパワース…
  4. ケイ素純度99.9% テラヘルツ鉱石パワーストーン 宝石カッ…
  5. 潜在能力を開花させて総合運を上げる!すべての氣の周りが良くな…